大野快 Kai Ohno


2004年旭川東高校卒業。卒業後、東京外語大学外国語学部に入学。2007年にはイギリスに留学。2009年卒業後、ベンチャーキャピタルに入社。入社後はバイアウト(事業買収)部門を経て、現在はアジアの投資先企業の価値向上を担う事業開発部門に所属。

スケジュール

]

大島郁人 Fumito Oshima

2007年に旭川東高校を卒業し、東京大学理科一類に入学。高校生の頃から、社会基盤を支える「素材」に興

田中紀恵 Norie Tanaka

留萌市生まれ。旭川東高校に入学と同時に親元を離れ下宿生活をスタート。高校3年時に理系から文系へ変更を

松木琴未 Kotomi Matsuki

2003年東高入学。その年の8月から旭川市の姉妹都市米国ブルーミントンへ一年間の留学を経験。2007

外国語大学へ進学され、留学経験などもお持ちですが、海外への関心きっかけは?

実家で旭川市の事業の一環で、留学生のホームステイの受け入れをしていたんです。それで、自然と海外や外国語への関心を持つようになりました。極端に言えば、海外に行って英語が話せれば日本語の10倍以上の人とコミュニケーションが取れる可能性がある、そんな風に世界が広がる感じが単純に「いいな」と思っていました。

進学後はどのような学生生活をされていたんですか?

僕の場合は、北海道出身の東京進学者を支援する財団法人が運営する寮に住んでいました。寮の学生は皆、どこか尖ったところのある奴らばかりで、変な奴も、優秀な奴も多くいて…とにかく一緒にいるのが面白かった。だから、大学よりも寮にいることの方が多かったですね。まぁ、同じメンバーなのでダラダラしていることもありましたけれど(笑)

 

そんな寮生活中心の大学生活でしたが、留学には行きたいと思っていました。そこで、まずは2年の夏休みに実験的にアメリカの大学に語学留学をしました。その際に予想以上に自分の英語力の無さに直面して、今度は1年間英語圏での生活に浸かってみようと思い3年の夏から1年間イギリスのダラム大学の学部に留学することとしました。

 

ダラム大学はイングランドではオックスフォード・ケンブリッジ次ぐ歴史があり、学生寮は世界遺産にも登録されていて、映画ハリー・ポッターのロケ地にもなった場所です。ハリー・ポッターそのままの寮制度の世界に身を置き、現地の学生と寝食を共にしながら勉強をするのは、英語力強化以上に、日本とは異なる社会・文化の中で自らの視野を広げる本当に貴重で贅沢な経験でした。

今の業界に関心をもったきっかけは?

大学時代は、ちょうどハゲタカファンドやネットバブルが騒がれていた頃で、バイアウト(事業買収)投資、ベンチャー投資というようなことに漠然と関心を持ちました。

 

大学2年の夏休みに先ほど話したアメリカのペンシルバニア大学の語学学校に1ヶ月の語学留学をした際に、まあ、偶然だったのですが、ファイナンスに強いビジネス・スクール(経営学部・大学院)を持っていて、そのビジネス・スクールの学生と触れ合う中で、バイアウト・ベンチャー投資、正確な言葉を使うと「プライベート・エクイティ投資」というものへの理解を深めたのがきっかけです。

 

具体的には、経営状況が悪化した企業の再生、多角化し過ぎた企業の事業再編、優れた新興企業の成長支援の社会的役割や必要性を知りました。当時は「ファンド、ハゲタカ、けしからん」という風潮もまだありましたが、ほんとにそうなのかって疑問を持ったのがそもそもこの業界に関心を持ったきっかけですね。

将来に向けて、思っているところを教えてください。

漠然としていて、世の中の不条理、不合理、非効率とかそういうものを減らしたいと思っていて…だって、嫌じゃないですか(笑)そのために何ができるかを追いかけていきたいですね。あと、船で世界一周とかしたいですね(笑)

今、高校生の後輩にメッセージをお願いします。

進学先の大学・学部の選定に悩んでいる方もいるかもしれません。確かに近視眼的に見ればたった大学4年間かも知れませんが、その後の人生に大きな影響を与える4年間でもあると思います。これは自分への反省でもあるのですが、より長い目で、自分はどういうことをしたいのか、出来れば時間をかけて調べ、様々な人に会って話をして確かめることで、大学・学部の選定に役立ててみるのも良いのではないでしょうか。そのファーストステップとしてSerendipity!を利用するのも良いと思います。

 

(2011年11月 インタビュアー 越政樹)

 

カテゴリー:会社員

検索する




タグで探す


カテゴリーで探す


アーカイブス


新着情報